房総四季食彩

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の終わり / ツツドリ・ハチクマ・ミサゴ・サシバ等

<<   作成日時 : 2016/08/25 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

今年の夏は凄く変です。
夏の太平洋高気圧と呼べる存在が無い・・・???

ボクは気象に興味が有り、自分で天気予報したりしますが、
こんな特殊な気圧配置の夏は記憶に有りません。

梅雨時、オホーツク海にあった高気圧が少し南東方向の移動してそのまま動かない・・・
これが夏の太平洋高気圧なのか?
天気図にはあまり現れないけど南西方向(フィリピンの辺り)にも高気圧があります。
西日本はこの圏内だと思われますが、いつもの年の夏の太平洋高気圧とは全く違います。

そんな訳の解らない夏でもお花見広場でツツドリを見かけるようになると
「もう夏も終わりだなぁ」って気になるから不思議ですね!
画像


画像


鳥たち共に季節を感じると、心が一歩前に進んだ気がします。
画像

いつもの年なら、もっと南海上で起きてる事が、今年は日本に近い所で起きてる気がするんですよ!

分かりやすく言うと例年、沖縄付近で起きてる事が関東近海で起きてる??
厳密に言うと少し違いますが、だいたいそういう感じです。

この季節、台風が発生すると沖縄付近を通る事が多いのですが
今年の夏、このままの気圧配置では関東付近を台風が多く通りそうです。


行き場を失った台風10号が勢力を強め日本列島を狙ってるから怖いですね〜
一度西へ向かったこの台風、天気予報では再び東に戻り日本列島直撃です!

頼みの綱は中国上空にある秋の高気圧。
この高気圧が頑張ってくれれば台風を東海上に追い払う事が出来るのですがどうなる事やら???


ツツドリがいたお花見広場上空、飛行練習してるサシバの幼鳥を妻が発見!
もしかして脳天に目玉が付いてるのでは?って思う程、妻は飛んでる猛禽を見つけるので不思議です。
画像


房総で見かける鷹類(猛禽類)には大きく分けて3つのタイプがあるんですよ(^_-)-☆

@房総で繁殖して房総で冬を越すもの
A房総で繁殖して南の国で冬を越すもの
B房総以外の地で繁殖して房総で冬を越すもの

サシバはA房総で繁殖して南の国で冬を越すタイプです。
サシバ以外でAのタイプはハチクマ!
しかしハチクマはサシバと違い、人里近くで見る事は少ない鷹です。

そんな探すのが難しいハチクマでも南の国へ旅経つ準備で飛行訓練をします。
見通しの良い尾根道に立って双眼鏡で探すとハチクマらしき?2羽の鷹を発見!
画像

肉眼では確認できない程の距離です。

でも、ここは地元!だいたいの場所は見当が付きます。
数年前に大雪が降った後、通行止めになってた林道が開通してたのでラッキーでした♪

到着して間もなくハチクマ出現!
画像


画像

上の写真、左側、羽がボロボロになってる方が成長。
羽が綺麗な方が幼鳥と思われます。
きっとこの付近で繁殖してたんでしょうね?

画像


画像

ボク達に気付いたのか?
なんかこっちを見てる気がします・・・??

画像


ハチクマの飛行訓練場を見つけたので、ヤマセミ祭りの次はハチクマ祭りかな?
そんな期待を膨らまし、その後数回行って見るも、全く現れず・・・(T_T)/~~~

ハチクマ祭りは開催を断念しました(^^ゞ


また別の日、今度は浜の方でミサゴを探してみました。
画像

青い空にモクモクした白い雲が美しいこの季節。
トンビに混ざってミサゴ発見!

画像


画像

換羽中みたいなので成鳥です!
これで幼鳥が見つかれば房総でもミサゴが繁殖してる可能性が高いのですが、幼鳥の姿は確認できませんでした。
ミサゴはどのタイプの鷹なのだろうか?
秋から冬にかけて多く見られるので、南の国で越冬するタイプではないのですが、
房総でも繁殖してるのか?
房総以外で繁殖して房総で冬を越すのか?
興味深いので、また観察を続けたいと思います。

◆森でサンコウチョウの幼鳥を見つけました!!
画像

ヤマガラやシジュウカラに交じっている事も多いのですが、この時はサンコウチョウだけです。

4羽〜5羽?あるいはそれ以上で群れを作ってましたが、動きが速くなかなか撮れません。
画像


画像

でも、縦横無尽飛び回る姿を見て
「これなら大丈夫」と一安心。
「南の国で冬を越し、また帰って来てね!」って心の中でつぶやきました。

下の写真は7月に載せそびれたオスのサンコウチョウ!
画像

今年はサンコウチョウの当たり年でした。

ヤマセミの幼鳥は8月初旬以降、姿を確認できません。
時折カワセミの幼鳥が姿を見せてくれるだけです。
画像


画像

カワセミだって撮れたら嬉しい鳥ですが、ヤマセミを待ってる時にカワセミが出て来ても
全くときめかないから不思議です。

下の写真は 上のカワセミと同じ止まり木に来たヤマセミ!
前回のヤマセミ祭りに載せきれなかった写真です。
カワセミとヤマセミはこんなに大きさが違うんですよ!
画像


最後にこの夏、載せそびれた写真をもう一枚!
画像

サンコウチョウと同じ森で見つけたアオバセセリ!
リアルタイムで載せると採集目的で来る人の情報源になってしまうので、夏の思い出の一コマとして載せてみました。

竿 CastomRod
Ai プラス

管理人てつ丸が愛用してる竿もここで作ってもらってます。品質はもちろん、お値段も良心的♪

内科 循環器科内科
幕張ハートクリニック

当ブログでも紹介している、管理人が一番信頼してるドクター。関連記事は こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アオバセセリは、一度しか、出逢いがありません。
図鑑などでみると、普通とのことですが、食草の関係でしょうか?
同じ食草のスミナガシ共々あまり見かけません。
秋洋
2016/08/26 12:16
秋洋さん、アオバセセリは普通に見られるイチモンジセセリ等より、かなり数が少ないと思うんですが、それでも普通なんですか?
スミナガシも同時期に見られますが、数は少ないように思います。

両方とも地元の森では極短期間しか見る事が出来ない貴重な蝶です。
リアルタイムで上げてしまうと採集目的の人たちの情報源になってしまうので遅れてアップしました。
てつ丸
2016/08/27 14:23
こんばんは―♪
ハチクマとの出会いおめでとうございます―♪
素晴らしい画像ですね。
今年も修行に・・雰囲気の好きな岬です(*^。^*)


房総いちこ
2016/08/27 19:50
房総いちこさん、岬で修行、ボクも1度くらいは行く予定なんで、お会い出来たら嬉しいです♪
てつ丸
2016/08/30 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の終わり / ツツドリ・ハチクマ・ミサゴ・サシバ等 房総四季食彩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる