房総四季食彩

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い事と悪い事の境界線って?/オオルリ・ヤマセミ・アボセット等

<<   作成日時 : 2017/06/09 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

まだバードウォッチングを始めて間もない頃、地元の森でサンコウチョウが来るのを待ってたら
隣に居たオジサンに「おたく、ブログとかやってる?」って聞かれました。

ボクは「はい、房総四季食彩」ってブログやってますが・・・と答えたら
「そのブログ見てるよ!おたくみたいにブログやってる人が、“サンコウチョウが営巣を始めました”なんて書くから人が集まっちゃうんだよ」って怒られました。

確かに・・・こうしてブログを書くと言う事は 不特定多数の人に情報を提供していると思います。
書く言葉には注意しなければいけませんね。
画像


更に、隣に居たオジサン(ボクも立派なオジサンですが・・・)
「おたくはまだ営巣写真を載せないから許せるけど、巣がハッキリ写ってる写真を堂々と載せてる人も居るでしょ?」
「以前はそんな非常識な写真を載せる人なんていなかったんだよ!でも、最近は載せてる人が多いから、いつの間にか営巣写真を載せる事が平気になっちゃったんだよねぇ〜」と言った。
画像

確かに、野鳥フォトコンクールの応募要項には必ずと言って良いくらい「営巣中の写真は禁止」と書いてあります。
つまり、客観的に見て素晴らしい写真であっても、巣が写ってる写真は野鳥フォトとしては応募の価値も無い写真だって事になります。
何を載せても投稿しても個人の自由だけど、個人的には野鳥フォトコンクールに応募する価値の無い写真を自慢げに載せるなんて格好悪いなぁ、なんて思います。


怒られた時は 正直ちょっとムッとしましたが、隣に居たオジサンの言う事は正しいのかも?って思いました。
画像



しかし、しかし、そのオジサン、サンコウチョウの巣の所へ行って写真を撮り始めました。
ん?撮るだけで、載せなきゃ良いの?

ボクは思わずそのオジサンに「載せなければ撮っても良いんですか?」って尋ねたら
そのオジサン「本当は撮るのもダメだよ」
「でも、遠くから来て何も撮れないで帰るのは切ないから、ちょっとだけ・・・」と恥ずかしそうに答えた。

なんかちょっと矛盾してるような気もするけど
このオジサン、ちょっと良い人かも?って思いました。
画像


本当はダメだけど、ちょっとだけなら・・・・
まぁ、全てがそれで許されるって事は無いと思うけど
ちょっとだけなら良い事もたくさんある。

厳しい事言うばかりじゃなく、ちょっとだけ悪い事するって
何故だろう?優しい気持ちになれるから不思議です(*^_^*)
画像


冒頭から5枚の写真はオオルリ♂です。

今の時期、森の中を歩いてると、目の前にオオルリが現れる事があります。
声を頼りに探してると、自ら出て来てくれるから不思議なんですよ(^_-)-☆

本当はサンコウチョウの写真を載せたかったんですが、なかなか良いのが撮れません。
画像

今季は 初見でまぁまぁの写真が撮れて気を良くしてたのですが
その後は全くダメで、上の写真もやっと撮れたものです。

サンコウチョウよりも難しいのがヤマセミ。
今の時期は巣穴の前で待ってれば簡単に撮れるのですが、どーも気が進みません。

巣穴が写ってなくても、背景を見れば直ぐに巣穴の前だって分かってしまうし
誰かが設置した止まり木があったりして・・・
画像

今年は不調で、ヤマセミを狙ってもほとんどが待ちぼうけ・・・
やっと撮れた写真も顔だけしか写ってなくて・・・(笑)

画像

それでも飛出しの瞬間を切り取れたりすると、ちょっと嬉しい♪

描写も解像度もイマイチ。
「こんな写真載せる価値無い」って言われちゃうかも知れないけど
個人的には巣穴の前で撮った写真より価値があるんです。

すっかり有名になってしまったアボセット(6月4日以降姿が見えないそうです)。
一時は凄い人でしたが、その後少しだけ落ち着いてきました。
画像


農家の人が普通に耕作してる農地だし、セイタカシギの繁殖地でもあるので
人が多く集まって困ったなぁ・・・って思う反面
本当に美しい鳥だし、次はいつ見られるか?分からないし
この機会にいろんな人に見てもらえれば良いなぁ・・とも思います。
画像


画像


鳥にとっては迷惑だろうけど、喜んで帰る人が多ければ
それはそれで良い事なのかもなぁ〜?

良い事と悪い事の境界線、人によって設定が違うと思うけど
悪い事に変な理由を付けて正当化するより
悪い事は悪い事として、ちょっとだけ・・・

なんだか、その方が綺麗な気がします。
画像

竿 CastomRod
Ai プラス

管理人てつ丸が愛用してる竿もここで作ってもらってます。品質はもちろん、お値段も良心的♪

内科 循環器科内科
幕張ハートクリニック

当ブログでも紹介している、管理人が一番信頼してるドクター。関連記事は こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜、ご無沙汰してます(^^
なかなか難しい問題ですね、、ブログにアップした結果、野鳥にとって不利益なこともあるのは確かだけど、野鳥に対する関心や、惹いては環境問題にまで思いがいたる人だっているかもしれませんから、、まぁ動物園や水族館の生き物がかわいそうだから自然に帰せ、、って云う論争にも通ずるものがあるように思います。
探鳥等の門外漢からすれば、どんどんアップしてもらった方が楽しいですけどね、、、、
ちなみにちょっとだったらいいだろう、、って云う考え方は、「何枚までならちょっと?何メートル以上だったらちょっと?」なんて論争がおきますからね、、なし崩しになる可能性があると思うので、ちょっともナシ!だと思います!
sakachi
2017/06/09 22:26
sakachiさんお久しぶりです。
今回書いた事、釣りで言えばイサキ釣りと同じです。
限りなく釣れば魚が居なくなっちゃうし、だからって厳しく制限すれば面白くないから釣り客が減るし・・・

「ちょっとだったら良いだろう」って事じゃないんです。
本当はちょっとでもダメなんです。
でも、少しは大目に見ても良いのでは?
そして、その少しって個人の価値観なので人それぞれで良いと思うんです。

ただ心配なのは、営巣写真を不特定多数の人が見る事によって、マネする人が増えるのでは?と言う事です。
そう言う人たちに「巣が写ってる写真は自慢できる写真じゃないんですよ」って事、発言する方が良いかな?と思い、今回、気を悪くされる方も多いかと思いましたが、あえてこういう発言をさせて頂きました。

イサキ釣りに例えれば「100匹釣りました〜」って自慢げに書いたら恥ずかしいってのと同じです。
てつ丸
2017/06/10 12:59
いろいろ考えさせていただき、有難うございます。
よいことと悪いことの境目って難しいですね。
私も、珍しい鳥や、何かの営巣地を見つけたら「せめて友人には教えたい」と思うし、「ネットでもちょっぴり自慢したいし、いろんな人に知ってもらいたい」とも思うでしょう。実際、一昔、いや、二昔前ならば、そこまで影響もなかったんじゃないかという気がします。ネットユーザー自体、今に比べれば少なかったですし、野鳥を撮れるほどのカメラ価格も桁が違ってましたし、野鳥や地主さんの迷惑になるほど人が集まることも、今ほどはなかったんじゃないでしょうか?
第一、今、集まって来る人のかなりの割合を占めている団塊の皆さんはお仕事で忙しかったでしょうし。
一方、何もかもがお手軽になってしまった今は、乱暴な言い方ですが「日本にこんなに人間がいなければ、話は簡単なのに」って感じですね。
巣の写真だって、一シーズンに一人二人がそーっと撮る分には「ちょっと悪い」けど、そこまで目くじら立てるほどでもないとは思うんですよ。それが一日に何人もとなると...一旦、ネットに出したらそうなっちゃうのが現在の社会の怖いところ。
というわけで、何を境界にするかは難しいですけれども、よく言われる「ネットに出すのは、渋谷の交差点で拡声器で告知するようなものだ」という意識だけは持っておきたいなと思います。
ジュリーママ
2017/06/10 18:09
ジュリーママさん、ほんと良い事と悪い事の境界線って難しいですね。
突き詰めて考えると、バードウォッチングをする事自体悪い事なのでは?なんて思う反面、やっぱりバードウォッチングは良い趣味だ!とも思います。
人は同時にいろんな事を考える生き物なんですね(^_-)-☆

良いとか悪いとか、正しいとか間違えてるとか、どんなに議論しても答えは出ないんでしょうね?

大切なのは優しさが有るのか?無いのか?って事だと思うんです!

鳥に対しても人に対しても、優しささえ有れば悪い方向に進まないって信じたいです。
撮影に夢中になるあまり優しさを忘れる事も有るでしょうか、ふと我にかえれば誰でも思い出せるって信じてます。

ただ「知らない」って事は怖い事で、特に鳥に関する知識が無い人が、巣にとまったオスのサンコウチョウの写真をみたら
「なんて美しい光景だろう」って思うのは当然だと思います。
巣の中の雛に給餌する親の姿を見たら「微笑ましい」って思って当たり前ですよね?

しかし、実際は好ましい写真じゃ無いって事を発言していかないと、そのような写真が良い写真となって一般的に評価されるようになってしまいます。
そして、そういう写真を撮りたいと思う人が増えると、鳥にとっては最悪だって思うので、今回、気分を悪くする人も居る事を承知でこのような事を書いてみました。
てつ丸
2017/06/10 20:12
こんばんは―♪
サンコウチョウ素晴らしい画像です。
此方も少し前に出会いましたが・・・
鳥の世界も難しいものですね!
植物にも同じような感覚の方がおられる
ようですが・・ブログは夢を運ぶ〜♪
繊細なものです。

房総いちこ
2017/06/11 18:54
サンコウチョウは人気者
ですからね・・野鳥フアンが
もっと増えますようにデスね♪
ブログは十分配慮されて
いると思います・・神経質くらいに!
植物・・・此方も同じ気持ちです。

房総いちこ
2017/06/12 21:04
房総いちこさん、いつもありがとうございます。
「・ブログは夢を運ぶ〜♪」なんて言ってもらえて嬉しいです(*^_^*)
夢がいつまでも夢のままでいられるように、サンコウチョウもヤマセミも簡単に撮れない方が良いのかも知れませんね(^_-)-☆
植物の世界では写真を撮るだけじゃ無く採取してしまう輩いるので困りますね。
鳥と違って採取しても犯罪にならないし・・・取り締まりを強化するしかないのでしょうか?
てつ丸
2017/06/13 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
良い事と悪い事の境界線って?/オオルリ・ヤマセミ・アボセット等 房総四季食彩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる