落雷カメラマンとヒラメ釣り(2011/1/13日の釣行記)

画像


最近、ユニークなキャラクターの戦場カメラマンW氏が人気だが
ボクの友人には 落雷カメラマンがいるのだ!

今回は その落雷カメラマンと興津港の第2沖合丸さんでヒラメ釣り。


落雷カメラマンって、つまり雷オヤジ?
なんて、想像される方もいるだろうが

彼は 極めて温厚。
怒ったところを見た事ない。

それでは なぜ落雷カメラマンなのか?
詳細は⇒http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/feature/chiba1291904638061_02/news/20101213-OYT8T01063.htm

前日は その彼と我が家で一緒に飲んだ。

カメラや釣りの話で盛り上がった。

ボクは カメラ初心者なんで、プロの話は いろいろ参考になる。
ただ、彼は 人間が出来てるんで
知識をひけらかしたり、上から目線で初心者を見るような事絶対にしない。

常に、同じ目線で、話しの内容も優しさに満ちている。

そんなカメラのプロも船釣りは 初心者
ボクは 釣りのプロでは ないのだけど
下手くそでも長年やってるんで、ベテランの部類に入る。

そんな訳で、偉そうに釣りのうんちくを語り
あげくの果てに魚拓まで出してきて自慢話。

我ながら余り程度の良い人間じゃ無いなぁ~
と、ちょっと反省(^^ゞ

そんな、器の大きさの違いが
そのまま、ヒラメのサイズの大きさに反映される事は
釣る前から予測できたが
その予想がピタリと当たってしまったからビックリ!




話しが弾むとお酒の量が増えるのは 仕方ない
最初は白ワイン~赤ワイン

これで終わりにすれば良いのに、その後ビールに日本酒
そして焼酎まで登場して
結局、船に乗る前から、ちょっと船酔いのような症状が・・・(^^ゞ

普通ならマグロのパターンなのだが、
今回は 寒いながらも海は 凪。

しかも、開始早々ヒット!!
1.5kg程の小型だが、1枚釣って酔いが覚めた。

しばらくして横を見ると、船上カメラマンになった落雷カメラマンがヒラメと格闘してた
画像


ヒラメと戦い、船上カメラマンが戦場カメラマンになり、ヒラメに勝利!
タモに収まったのは 3.8kg。


その後は 一日中ポツリポツリ、飽きない程度に当たって
船中8名で20枚、ボーズ無し。
大漁と言える。

ボクは気が付くと5枚も釣っていた!

最後に釣ったのが一番大きく2.5kg

最初と4番目に釣ったのが1.5kgで
その他2.2kg、2.3kgと食べごろサイズがそろった。

船中最大は 3.8kgを釣った落雷カメラマン!

船を下りて記念撮影
セルフタイマーをセットして・・・
画像


間に合わなかった~(^^ゞ

それを見ていた船長が取ってくれた写真が↓
画像


このサイズの違い、某船長ならチ○コの大きさの違いなんてHP書くだろうけど
これは チ○コの大きさで無く
人間の器の大きさの違いなんで、自分でも納得。



自宅へ帰ってさっそくお料理。
画像


今回、アンコウ鍋風に肝を溶かして作ったマトウダイの鍋
画像



ヒラメは オーソドックスに兜煮とお造り、
画像



お造りは エンガワと肝を添えてみました。
画像












この記事へのコメント

13日は船上カメラマン
2011年01月14日 01:09
てっきん、今回は楽しかったぜ!釣った魚をはやくも美味しい料理にかえてしまったのですね。さすがです。てっきんの手料理と釣り三昧でお腹が一杯だったので帰ってからは、ソイの鍋で暖まりました。明日は、竿頭のヒラメの刺身三昧で楽しもうと思います。また、船上でお会いしましょう!
てつ丸
2011年01月14日 13:11
船上カメラマンさん、竿頭おめでとー(^_-)-☆

ついに本格船上デヴューですね(@^^)/~~~

釣りは どんな釣りでもそれぞれ楽しみ方が有りますが
船釣りは 料理する楽しみも(^^)v

デカイ魚釣って、撮る方から撮られる方になるのも楽しみですね♪

この記事へのトラックバック