盛夏 / サシバ・ハチクマ・サンコウチョウ

ランチタイムを過ごそうと、見晴らしの良いお気に入りの場所にやってきました。
もし、この場所にサシバやハチクマ等の猛禽類が現れたら目線で見られるかもしれない・・・

そんな期待を抱きながら車からお弁当や撮影機材間を下してると
「ピックイィー」とサシバの声が聴こえてきました♪

ちょっとキョロキョロ・・・期待した目線ではなく、頭上にサシバ(成鳥)発見!
この時期の成長は子育てで疲れてるせいか?
ちょっとボロボロになってます。
画像


ここでサシバを撮ったのは2回目。
近くではハチクマを目撃した事もあるので期待して訪れますが
希少な鷹、そう簡単に姿を現してはくれません。

しかし、2日後、別の場所で一緒にいた妻が山の上を指さし「何?あれ??」
肉眼ではよく分かりませんでしたが、ファインダーを覗くとハチクマのシルエットが!!
画像


画像


ちょっと露出をあげて・・・・
青い空が白くなっちゃいますが、ハチクマ独特の模様が良く見えます。
仲間が午前中、この近くでハチクマの幼鳥を見たと言ってましたが
このハチクマ、最初のサシバ同様、ちょっとボロボロになってるので成鳥みたいですね(^_-)-☆
画像


画像


ちょっと距離があって画質はイマイチですが、今年も地元の森でハチクマに会う事が出来て幸せ♪

この場所は 去年、蜂の巣を持ったハチクマを撮ったので期待が持てるポイントなのかも知れません。


午前中は サンコウチョウやオオルリを探し森の中をウロウロ・・・

今の時期、もう、尾の長いオスのサンコウチョウに会えなくなるので寂しいなぁ・・・
なんて思ってたら、まだいました!
画像


でも、ヘアースタイルがなんだかちょっとへん??
画像


子育て終わった直後、オスのサンコウチョウは長い尾と共に
あの格好良い冠羽が抜けてしまいます。
通常は こんな感じです↓
画像

今回も、こんなタイプのオスは数羽見かけましたが、尾が長くてハゲてる個体に会ったのは初めてです!

こんな子もいました。
画像

若いオスのサンコウチョウは尾が短いのですが、この個体は ちょっとだけ尾羽が伸びてます。


尾が短いタイプ、普通はこんな感じです↓(前回載せた画像と同一です)
画像


尾が短いと、パッと見メスみたいですが、アイリングの太さが全然違います。
今季は あまりメスが撮れないのですが、冠羽が抜けたオスと一緒にいたのが↓
画像


オスとメスの区別は簡単なのですが、幼鳥とメスはそっくりです!

下の写真はサンコウチョウの幼鳥。
画像


画像


画像

メスと一番の違いはクチバシとアイリングの色ですね(^_-)-☆
幼鳥は まだ、あの美しいコバルトブルーが出てないみたいです。
オス・メスの見分け方、幼鳥の時は不明??です・

オオルリの子もいましたよ!
画像


画像


巣立って間もない頃はまだら模様が残っています。
仲間の間では『まだらっ子』なんて呼んでる可愛らしい幼鳥です。

まだらっ子のまだら模様は間も無く消えこんな姿に
画像


オオルリのオスは巣立った直後から羽が青いので美しいですね(*^_^*)
同じ場所でまだらっ子と更に幼いまだらっ子、そして普通のオオルリっ子が見られたので
今年もたくさんのヒナが巣立ったんだと思います。

サンコウチョウっ子やオオルリっ子が元気に飛び回る森の中、少し開けた場所でサシバが見えました。
画像


画像

このサシバは冒頭のサシバと違って綺麗な羽をしてるので幼鳥みたいです。
お腹の模様もハッキリしてませんね(^_-)-☆


今の時期、凄く暑いけど、森の中は人が少なく静かです。
身近な場所でサンコウチョウっ子やオオルリっ子、
そしてハチクマやサシバに会えるんで良い季節ですね(*^_^*)


かなり暑かったけど、水辺にも行ってみると。
セイタカシギがまだいました。
画像


その他、コチドリ
画像


シロチドリ?
画像

あまりの暑さに10分程で切り上げましたが、そろそろシギやチドリの移動が始まったので
根性出して干潟にも行ってみたいなぁ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

リンゴ
2015年08月05日 13:10
サシバ、ハチクマは、鷹の仲間なんですか?
カッコいいてますね!
でも、成長だと、ボロボロになるんですか?
子育ては、大変ですね。

サンコウチョウも、毛も抜けてしまうなんで、驚きです。
てつ丸
2015年08月05日 15:50
リンゴさん、サシバとハチクマは 春~初夏に日本に渡って来て繁殖する鷹の仲間です!
子育て終わった後はちょっとボロくなってますが、大空を舞う姿はやっぱり素敵です(*^_^*)

サンコウチョウもそうですが、秋になって南へ旅立つ頃には 再び綺麗な姿に戻ってるんですよ(^_-)-☆
ハッスル爺
2015年08月06日 21:38
何時も可愛い小鳥の姿を有難うございます。
サンコウチョウの長い尾、ブルーのアイリング・・・見事ですね
小鳥達の不思議な生態を再認識しています。
房総いちこ
2015年08月06日 21:52
こんばんはーです♪
ハチクマ画像とは凄いです♪
高くて双眼鏡にも入りません(';')
お気に入りのセイタカシギとても
可愛いですねー(*^。^*)
てつ丸
2015年08月08日 20:24
ハッスルさん、鳥達には被写体としての魅力より生き物としても魅力を感じますね(^_-)-☆
また来年、この子達や巣立った雛たちに会えると良いなぁ~
てつ丸
2015年08月08日 20:24
房総いちこさん、猛禽類は高い所を飛ぶのでなかなか良い写真が撮れませんが、ハチクマは証拠写真でも撮れたら嬉しいです♪
セイタカシギは個体数が減ってしまって心配です。

この記事へのトラックバック