心ときめくって?/ コマドリ・アカゲラ・キビタキ等

今回は遠征、。
年に何度か訪れるお気に入りの場所です。
いつもはこの季節、素晴らしい景色を眺めながらノビタキやキビタキ等を探しますが
今回は 奥の方にコマドリがいるみたいなんで、あまり寄り道せず一気にコマドリの所に向かいます。

草原や比較的明るい森を抜けると、ちょっと薄暗い森の中。
ミソサザイの声が聴こえてきました・・・
そして、しばらくするとコマドリの声♪
画像

そんなに近くでもないなぁ・・・と思ってたらピョコンと木道の端っこに出て来てビックリ!(上の写真)

前回のコマドリは大勢のカメラマンに囲まれたスターみたいな子でしたが
今回、カメラマンはボク一人!

なんかちょっとワクワクドキドキ・・・

用意されたステージの上でポーズをとったコマドリを撮った方が
写真としては良い作品になるのかも知れませんが、
たとえ良い写真にならなくても、今回みたいな出会いの方がワクワクします。

たまたまシャッターを押せましたが
姿が見えたのは一瞬でした。

その後姿は見えなくなりましたが、声は近くで聴こえます♪
目の前にある大きな樹の裏側を覗くと尻尾を広げて囀ってました♪
画像


息を潜めそーっと身体をずらして覗き込みます。
手持ち撮影だからこんな格好で撮る事も出来ますが、結構辛い体勢です(^^ゞ

でも、広げた尾羽を持ち上げた時はそんな辛さも忘れてしまうくらいドキドキしました♪
画像


画像

(コマドリの写真は大きめサイズでアップしてあるんで良かったら拡大して見て下さいね)
その後、少し見やすい位置に身体を移動したら気付かれたのか?
奥の方に入ってしまいました。


相変わらず囀りは聴こえすが、遠くへ行っちゃったし、なんとか写真も撮れたんで元来た方へ戻ろうとすると
コマドリ君、突然 自らボクの目の前に姿を現しビックリ!
画像

瞳の中にボクの姿が写ってるのでは?と思える程の距離でした。
画像


なんだか怒ってるように大きな声で囀り始めると、その声を聴いて近くに居たバーダーさんが駆けつけカメラマンが2名に!
逃げちゃうかな?と思ったけど逃げません。
画像


画像

5m位かな?かなり近いのですが、全身が写る良い場所がありません。
もう一人のカメラマンと右へ行ったり左に行ったりしてる内にコマドリも立ち去り、その後は声も聴こえなくなりました。

もしかしたら巣でもあるのかな?
こんな大胆な行動をするのは家族を守るためだったのかも知れませんね?


順序が逆になってしまいましたが、コマドリに辿り着く前
朽ちた白樺の木の上にノビタキ?
でも、ちょっと大きい?
ファインダー越しに見えたのはアカゲラ!
画像


今回、アカゲラとの出会いは多かったですよ~
画像


画像


画像


画像


画像


あまり姿は見えないけど声だけはよく聴こえるカッコウ♪
画像


一番たくさんいたのはキビタキ
画像


画像


ミソサザイはも何度か出て来てくれました。
画像


一番多く出会えると思ってたノビタキですが、この日はあまり出会いがありませんでした。
画像


せっかく遠くに来たんだから、1つでも多くの鳥に会いたいって頭の中では考えますが
心ときめく鳥、それほどでもない鳥があるもんですね。

コマドリは少し前に撮ったばかりなんだから、
まだ今年撮ってない鳥を探し方が楽しいのでは?と自問自答してみますが、
やっぱり心ときめくのはコマドリなんだよなぁ~

珍鳥好きな人・・・遠くまで出かけて少しでも多くの種類を撮りたい人・・
価値観は人それぞれで、心がときめく対象も人それぞれだって思います。

カワセミばかり撮ってるオジサン達を見て
「カワセミばかり撮ってて楽しいのかなぁ?」なんて思った事がありましたが
今は ちょっと、そんなオジサン達の気持ちが分かるような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

くり
2016年06月12日 14:45
こまどりって、こういう風貌?なのですね。近くに来てくれるというのは、嬉しいですよね。一寸だけ撮らせてあげる!って来てくれたのかもしれませんね。囀りも羽根を広げるのも、メスへのアピールですか?
てつ丸
2016年06月14日 23:35
くりちゃん、コマドリって名前を知ってる人は多いけど見た事がある人って少ないかも??
尾羽を広げたポーズは明らかにメスへのアピールだと思いますが、近くにメスは確認できませんでした。

この記事へのトラックバック